« 自分の容姿の悩みには、キリがありません。 | ホーム | 家族にずっと笑われてきた大根足・・・ »

2018年6月 6日

顔がでかいとからかわれた学生時代

私の容姿の悩みは、ズバリ「顔が大きい」ということです。
ちなみに私は40代女性ですが、身長も164センチとやや大きめなので、特に上半身だけで顔を近づけあうような集合写真等の場合は他の人と比べて顔の大きさが際立ちます(涙)。

中学生の頃などはよく男子から「〇〇(私)の頭がでかいから黒板が見えねーよ!」などとからかわれましたね...。
当時は今のような小顔ブームは無かったですが、それでも「顔が大きいと全身のバランスが悪いし、モテない」ということはハッキリと感じていました。
なので、集合写真などで自分の顔が他の人と比べて大きいのを再確認するたびに本当にドーンと落ち込んだものです(正直、集合写真に写りたくもありませんでした)。

写真に写る時は、出来るだけ体や顔を横にしてみたり、他の人よりは後ろに行くようにしてみたりと当時から色々と工夫はしてきました。でも、後ろにいるのに前の人より顔が大きかったりすると二重に落ち込んでしまうことになるのですが...。

また、骨格自体を変えることは出来ませんが、むくまないようにという努力だけはずっとしてきました。むくんでしまうとさらにデカ顔が強調されてしまうので(涙)。
具体的には食事の塩分に気を付けるということ、お酒を飲みすぎないということですね。
さらに顔のむくみ予防&解消のためによく行ったのはリンパマッサージです。
フェイスラインに沿って耳元まで持ち上げるように流し、その後首を鎖骨まで撫でるようにしながら流す...というものですが、これはなかなか即効性があって良かったと思います。「今日はちょっとフェイスラインがボテっとしているなぁ」という時に集中的にマッサージすると、わりとすぐにスッキリします。
あとは、顎を天井にグイーっと持ち上げるようにするエクササイズも良く行います。これもフェイス欄をスッキリとさせる効果があるかなと感じているので...。

これらの努力により、最近は昔ほどは顔の大きさを気にせずに生活することができています。
ただもちろん他の人よりはどうしても大きいのは現実ですし整形でもしない限りどうしようもないですが、あまり気にしすぎないようにしています。
やはりマイナスなことばかり考えて生きていたら、自然に笑顔も消えて毎日がつまらなくなるし、ストレスが溜まって美容や健康にも良くないと思うので...。
出来る限りの努力はして、あとは自分のチャームポイントを伸ばしていって、毎日笑顔で楽しく生活できればいいな...と思っています。

このブログ記事について

このページは、looksが2018年6月 6日 09:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分の容姿の悩みには、キリがありません。」です。

次のブログ記事は「家族にずっと笑われてきた大根足・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。