« ガッシリ体型で強そうに見える悩み。 | ホーム | 自分の容姿の悩みには、キリがありません。 »

2018年6月 6日

酷いO脚なのが悩みです。

O脚は見た目でだいぶかっこ悪いです。
ガリガリな体系の人じゃない限り、足が太く短く見えてしまいます。
特に女性は制服などでどうしてもスカートをはかなくてはならない事が多いです。
パンツとスカートどっちを選んでもいいですよ、なんていう事は稀です。
もしあったとしても暗黙の了解で、みんなが膝丈のタイトスカートでそろえてる制服なんだからもちろんそれを着ますよね?って感じです。

流行のスタイルがパンツやロングスカートならいいのですが、ホットパンツやミニスカートだと本当に似合う服が無くて悲しいです。
ミニスカートはよくブーツとコーディネートされたりしますが、そのブーツもO脚だと入らなかったり入っても変な所で擦れて辛い思いをしたりします。

それに丈の短さだけが敵ではありません、最近はミモレ丈のスカートなんて言うのも出てきて、これはわざわざ一番かっこ悪く見えるところから足が出てくる仕組みになっていて、モデルのお姉さんなんかの写真を見て自分が穿いてみて、あまりにもイメージと違う姿に悲しくなります。
いつもどんな服を着ていても、自分では真っ直ぐに立っているつもりですが、わざとひざを曲げて立っているように見えてしまいます。
全身写真を撮るのがとっても嫌いです。集合写真はなるべく後ろの方で人の陰に隠れるように努力します。

どうにかして治したいと思って、雑誌に載っているような体操もいろいろ試しましたが、ちっとも効果が表れません。
O脚改善って言ってる整体院に行っても全然か、ちょっといい感じになったとしても時間がたつにつれて元に戻ってしまったりして治るということは無かったです。

本当に治したいなら手術をしたら治るらしいと聞いたことがありますが、さすがにそれは抵抗があります。

O脚だけが理由じゃないかもしれませんが、腰痛もあったりして、真っ直ぐな足の人が本当にうらやましいです。

それでも年々何となく、無駄な抵抗はしないというか、自分なりに似合うファッションがわかってきました。
その年その年のファッションの流れもあると思いますが、似合わないものを無理に取り入れても辛いので、服のパターンが同じでも、その年のカラーを取り入れるとか取り入れるようにしています。

友達や周りの人に、この人とは一緒に歩きたくないなって思われるような事のないくらいにはしているつもりです。
似合わない無理したファッションよりも、自分に合うようにする事でO脚の事もだいぶ気にならなくなっています。

このブログ記事について

このページは、looksが2018年6月 6日 09:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガッシリ体型で強そうに見える悩み。」です。

次のブログ記事は「自分の容姿の悩みには、キリがありません。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。